カメラを語れる立場でもないけれど

こんにちは。60歳のハゲデブオッサン「ふと丸」です。

なんで急にブログなんて書こうと思ったか。。。さみしいんやろな。。。笑 暇な時間を持て余しているサラリーマンももうすぐ定年のふと丸。

良いことがあったと言えば、お陰さまで、定年後も契約社員として雇ってくれるらしく、それだけはホッとしてるねんな。年金だけではなー。それだけでは暮らしていかれへんやろ、ほんま。日本っていい国やと思うけどな。老後の生活は不安が残るよなー。もうちょっと働け!不躾に言われるとシャクに触るけど、正直、仕事がこれからもあって給料が定期的に入ると思うと、安心してもたわ。人間そんなもんやろな 笑 勝手やわー。

こんなオヤジにも趣味があって。ゴルフ、競馬、酒、女には一切興味なかったけど、カメラは好きやった。

若い頃はパワーあるやん?そやから、仕事でサービス残業したとしても、空いている時間があればカメラをいじっとったんよなー。

昔は、デジカメとかないし、写ルンですとかも無いからー笑 マニュアルカメラやんな。セロハンみたいな茶色っぽいフィルムをカメラに入れて、フィルムを全部使い終えたら写真屋さんに印刷に出しに行く。今時の若い子のほとんどは知らん世界やろな。

デジカメみたいに、すぐ写真を確認できへんから、写真屋さんに印刷してもらってから、やっと写真の出来栄えが分かると言うドキドキ感 笑

「なんやねん。これー!笑」と言う出来栄えは日常茶飯事やったよな。ピントもブレブレ、大勢で写した写真なんて必ず1人は目をつぶってもてるしな 笑 写真になんも写ってなくて「何を写そうとしとったんや?これは?」と自分でも忘れてもて、よくよう分からん事になってたもんや 笑

ほんま今は携帯で写せるし、フィルターかけて綺麗な出来栄えにも見せれるし、モノクロ写真やセピア色の写真もすぐできる。望遠とか、遠近感も作れるんやろー?一眼レフ並みやし。いい時代やなぁ。

それでも今もマニュアルカメラは人気らしいやんね。ライカとかコダックとか人気らしいねー。確かに見た目にも味があって持ってるだけでヴィンテージ感があってオシャレに見えるし、写真の出来栄えもなんか良い感じの古びた感じが出るし、若い子にも人気なんやろな。

写真やカメラの世界は良いよー。なんせ奥が深い。ゴールがない。ま、そんな事言ったらどの世界もそうなんやろうけど 笑

もし体を悪くしても、歩けんくなっても続けていける趣味やと思ってる。寝たきりになってもベッドの上から写せるもんはあるしなー

我ながらええ趣味見つけたわーとは思てる 笑 自画自賛。

ほな。ちょいちょい書いていきますー。オヤジの暇つぶしにお付き合いくださいな

カメラ

よく中古カメラ、新品カメラ問わずプラッと見にいってしまう。もはや本屋さんによる感覚と同じやね。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする